矯正治療はなぜ必要か?

歯並びが悪い事、即ち「不正咬合」は病気なのでしょうか?実は歯科関係の先生方の間でも、少々の歯並びのでこぼこは人それぞれがもつ個性であって不正ではないという考えも存在します。しかし、歯科検診で「不正咬合」というところに丸印のついた「治療のお勧め」をもらってくる場合があります。例えば前歯の歯ならびは悪いが、奥歯はしっかりかんでいたり、ちょっとした八重歯であったりしても「不正咬合」に丸が付いてしまう。そもそも何を基準に検査して「不正咬合」などという病名がつけられているのでしょうか?


「不正咬合」は病気なのでしょうか?

例えば前歯の歯ならびは悪いが、奥歯はしっかりかんでいたり、ちょっとした八重歯であったりしても「不正咬合」に丸がついてしまう。しかし、その一方で、少々の歯並びのでこぼこは人それぞれがもつ個性であって不正ではないという考えも存在します。

「不正咬合」と診断する状態の咬み合わせ

私たちが通常「不正咬合」と診断するのは、下記のような状態の咬み合わせをいいます。

  • 上下のアゴの位置や大きさのアンバランスにより咬合せが悪くなった状態
  • 個々の歯の位置や形、欠損歯などにより歯並びが悪くなった状態
  • 指しゃぶりや舌の悪い癖など習慣により歯並びや咬合せが悪くなった状態

ですから、「不正咬合」によって命に係わるような病気になったり、死に至るといったことはまずありません。

それでは、「なぜ矯正したほうがいい」のでしょうか?それは、歯並びが悪いという状態を放置することで、以下のようなさまざまな問題点があるからです。

  • 虫歯になりやすい。
  • 歯周病になりやすい。
  • 発音障害が起こる場合がある。
  • 食べ物がうまく噛み切れないなどの機能障害、ひいては消化器全体に悪影響を及ぼす。
  • 人前で口をあけるのが恥ずかしいなどの小さな心理的コンプレックスから始まって、対人恐怖症や人格形成にも影響が出やすい。
  • 将来的に入れ歯やブリッジなどが必要になったとき、個々の歯の位置が悪いと治療設計が困難。
  • 口がうまく閉じられないケースでは、口輪筋など表情筋は弛緩し、だらしない表情になる。
  • 歯並びや骨格系の問題は、遺伝のせいだとあきらめることで、家系全体にまで無用なマイナスイメージをもつ。
  • 悪い歯並びから来るかみ合わせの不安定さや顎のズレが顔面骨格の成長に悪影響を及ぼし、顎関節症の原因になる場合もある。また側弯症との関連もあるとされる。

それでは、「なぜ矯正したほうがいい」のでしょうか?それは、歯並びが悪いという状態を放置することで、以下のようなさまざまな問題点があるからです。

矯正治療の種類

子供の矯正治療
アゴの成長をコントロールしたり、永久歯の生え替わりを誘導する1期治療と永久歯の歯並びとかみ合わせの矯正を行う2期治療があります。
大人の矯正治療
歯並びとかみ合わせの矯正を行う治療で、全体的に歯を動かすものと部分的に歯を動かす治療があります。
保険適応の矯正治療
矯正治療の中には保険の対象となる治療があります。それは、成人に対して外科手術を伴う矯正治療(外科矯正治療)と、先天的な疾患(口蓋裂など)で不正咬合となっている人に対する矯正治療です。

しかし、当院ではこれらの医療指定機関ではありませんので、このような治療が必要な方は指定の提携医療機関を御紹介致します。

矯正治療の流れ

  • 矯正相談(無料)

    当院ではまず、患者さんに一番気になっていることをお聞きした上で、お口の診査を行い、治療の必要性、おおよその治療期間、費用について御説明します。

  • 初診時検査

    相談の結果、後日に初診時検査として、歯型、頭部レントゲン(正面と側面)、顎全体のレントゲン、顔・歯の写真など治療計画の立案に必要な検査を行います。

  • 診断および治療計画の説明

    初診時検査の結果をもとに診断をし、使用する装置、治療期間、費用などについて詳しくご説明致します。その上で、患者さんとご相談の上、最適な治療計画を立案します。

    この段階で、矯正治療を行うかどうかを決めていただきます。

  • 動的治療の開始

    お口の中に装置を装着し、歯を動かす治療が開始となります。この動的治療は、患者さんの歯の状態により期間が異なります。約1ヶ月に1度の来院していただき調整を行います。

    当院では矯正治療開始時および治療期間を通じて正しいブラッシングの仕方を歯科衛生士より指導致します。また必要に応じて、歯のクリーニング、歯石の除去なども行います。

  • 保定

    きれいな歯並びになったら装置をはずし、歯の後戻りを防ぐための保定装置を装着します。そして、歯の周りの骨が硬くなるのを待ちます。外してから約1年目までは約1~2か月に1度、それ以降は約3ヶ月~6ヶ月に1度、来院していただき状態の観察や保定装置の調整を行います。

治療シミュレーション…あなたの歯並びはどれですか?

※あなたの歯並びと同じ写真をクリックして頂くと、治療の流れをご覧頂けます。
※4つのケースは全て副院長が行った治療です。


反対咬合の治療シュミレーション(子供のケース)

「反対咬合」の写真

反対咬合とは、うけ口”といわれています。

下の前歯が上の前歯より前方にでている状態をいい、これは、噛み癖によるもの、歯の位置や傾きの異常によって起こっているもの、上顎骨または下顎骨の位置異常や大きさの不調和によって起こっているものなどが考えられます。

「治療開始前」の写真 「前歯治療終了時」の写真 「治療終了時」の写真

上顎前突の治療例の治療シュミレーション

「上顎前突の治療例」の写真

上顎前突とは、でっ歯といわれています。

上の前歯や上あご(上顎骨)が、著しく前方に突出している状態をいい、これは、歯の位置や傾きの異常によって起こっているもの、上顎骨または下顎骨の位置異常や大きさの不調和によって起こっているものなどが考えられます。

「治療開始前」の写真 「前歯治療終了時」の写真 「治療終了時」の写真

叢生(そうせい)の治療シュミレーション

「上顎前突の治療例」の写真

叢生とは、いわゆる“乱ぐい歯”。歯が転位や捻転(回転)を起こし重なり合っている状態をいいます。

いいかえれば、個々の歯の位置異常が起こり、歯がでこぼこに生えている状態です。

「治療開始前」の写真 「前歯治療終了時」の写真 「治療終了時」の写真

外科手術を併用した治療シュミレーション

「上顎前突の治療例」の写真 前歯が反対のケース(大人)

矯正治療では外科手術を併用する必要とする場合があります。

上顎と下顎の骨の位置や形、大きさが原因でお顔が変形している顎変形症(がくへんけいしょう)や、顎自体が抱える問題による不正咬合は、矯正装置の治療のみで改善することは難しく、このような症例の多くは骨格的な改善が必要になり、外科手術と歯列矯正を併用した治療を行う場合があります。

「治療開始前」の写真 「前歯治療終了時」の写真 「治療終了時」の写真
永山歯科診療所 NAGAYAMA DENTAL CLINIC
011-261-0769お問い合わせ・ご予約はお気軽にどうぞ。
札幌市中央区北2条東3丁目2-2
マルタビル札幌2F
TEL:011-261-0769